Blitz! ScenarioB その2

第9ターン(1944年3月~1944年6月)。
このゲームでは、北海からオランダベルギー、パリの3エリアへの侵攻はほぼ同条件となる。
西ドイツも北海からの侵攻が可能だが、ロンドンから航空支援できないユニットが生じる。
また西ドイツには西方要塞、パリには大西洋要塞があるため
連合軍にとっては、オランダベルギーへの上陸が最も有利になりそうだ。
ドイツ側としてはオランダーベルギーを守るか、捨てるかをまず決めることになる。

枢軸側行動フェイズ。
基地変更は特になし。
陸上移動。
アフリカ機甲軍をパリから西ドイツへ。
人民擲弾兵と機動対空砲を西ドイツからパリへ。

連合側行動フェイズ。
基地への帰還はなし。
海上への出動は、まず英北大西洋艦隊が北海へ。
米大西洋輸送船団が米3軍と米16軍集団を積んで北海へ。
英帝国輸送船団は北海へ出動し、米12軍集団を積む。
英欧州輸送船団は英8軍を積み北海へ、さらに英2軍と英海兵隊を積む。
基地変更、陸上移動はなし。
陸上戦闘。
北海の米3軍、米16軍集団、米12軍集団、英8軍、英2軍、英海兵隊が
オランダベルギーの独12軍、独1空挺団を攻撃。
米大西洋艦隊、英北大西洋艦隊、英北海艦隊と
ロンドンの米空軍、ムスタング、英空軍、英2戦術空軍が支援する。
枢軸側は航空ユニットによる支援を行わないため、航空ラウンドはなし。
連合側の英海兵隊以外の5陸上ユニットの戦闘力は半減するので計9戦闘力。
支援の4航空ユニットは計13戦闘力、大型空母3ユニットは計6戦闘力。
敵ユニットによる修正は+2で結果は3B。
独12軍、独1空挺団を除去。
枢軸側の2陸上ユニットは計1戦闘力。
敵による修正は航空ユニットによるもののみで-3、結果は1。
英海兵隊を除去。
米3軍、米16軍集団、米12軍集団、英8軍、英2軍がオランダベルギーへ戦闘後前進。

枢軸側電撃戦フェイズ。
戦力的に攻勢をかけるのは無理なため、何もしない。

連合側電撃戦フェイズ。
米英の輸送艦隊3ユニットが北海からロンドンへ帰還。
米大西洋艦隊が英欧州軍を積載してロンドンから北海へ出動。
米空軍、ムスタング、英空軍、英2戦術空軍がロンドンからオランダベルギーへ基地変更。
英欧州軍を北海からオランダベルギーへ揚陸。
陸上戦闘。
米3軍、米16軍集団、米12軍集団、英8軍、英2軍、英海兵隊、英欧州軍が
西ドイツのアフリカ機甲軍、西方軍集団、西方要塞を攻撃。
米大西洋艦隊、英北大西洋艦隊、英北海艦隊と
米空軍、ムスタング、英空軍、英2戦術空軍が支援する、ドイツ空軍は迎撃せず。
対空砲を勝利条件に関係ないフランスから持ってきとけば良かったなあ。
(シナリオルールでは明記されていないが
標準ルールには改訂で対空砲が航空ラウンドに参加できると明確化された)
連合側の陸上ユニットは計15戦闘力、支援の大型空母3ユニットは計6戦闘力。
4航空ユニットの戦闘力は、森林エリアにより半減するので計7戦闘力、
敵ユニットによる修正は-7で結果は2S。
西方要塞を除去、アフリカ機甲軍を1ステップに。
枢軸側の3陸上ユニットは計9戦闘力。
敵航空ユニットによる修正は-3で結果は1L。
英欧州軍を除去。

増援フェイズ。
ドイツ側は6リソース。
メサーシュミット109を4ステップ、アフリカ機甲軍を2ステップへ補充。
B軍集団を2ステップ、西方要塞を1ステップで西ドイツへ配備。
連合側は7リソース。
英8軍と英空軍を4ステップへ補充。
米3軍と米16軍集団を2ステップ、米空軍を3ステップへ補充。

Blizt1.jpg